メニュー
close
不動産に関するQ&A

借地人が更新料を払わないと言ってきた

貸地(借地)の更新料については、法的な根拠はなく法律でどのような性質のものか明確になっていません。そのため、

賃貸借契約書の中で、借地人が更新料を支払うことが明記されていること。
契約書に明記されていなくても借地人に支払う意思があること。
過去の更新時に支払われたことがある。(領収証の写しなどがあること)
その地域の慣習として、更新料を払うことが通常であること。

これらが重要になります。
特に、①の契約書の記載は最も重要ですので、これから土地を新たに貸す場合は借地人とよく話し合い、契約書に必ず明記するよう注意してください。
また、これらのことが確認できない場合は、支払い義務がないと考えられます。それでも地主が契約の更新をしないと主張しても法定更新となり、従前と同様の条件で賃貸借契約が自動的に更新されたものとみなされます。
借地人から見ても、地主との信頼関係を維持し、関係を良好にしておくことは重要です。関係が悪化すると、以下のような借地人からの要求に対して地主は拒絶することができます。

・借地権(建物)を第三者に売却する際の承諾
・建て替えの承諾(⇒地主が承諾しなくても最終的には裁判所が判断し、認められるケースが多い)
・建て替えなどで銀行から借り入れをする際の抵当権設定承諾

土地の賃貸借は長いお付き合いになりますので、お互いによく話し合いをし、譲歩すべきところはして、良好な関係性を保つことが重要です。

Copyright©2015 特定非営利活動法人(NPO法人)日本地主家主協会 All right reserved.

Copyright©2015
特定非営利活動法人(NPO法人)
日本地主家主協会
All right reserved.

EditRegion4